« クレジットマスターでの被害? | トップページ | キャッシュレス社会の課題 »

2018年12月 3日 (月)

Uberの不正ログイン

米ウーバーが大阪でも来年からタクシー配車、万博・IRを好機に | ロイター
https://jp.reuters.com/article/uber-osaka-idJPKBN1O20R8

見かけたのは一人だけで他に被害が出ていないようなので記事にせずに情報収集を継続ということにしていましたが、日本でもタクシー配車サービスを開始するということで登録ユーザーも増えると思われるので注意喚起としてどういった被害があったのかを紹介をしておきます。

こちらの被害はアカウントに不正ログインされて不正利用されたと思われます。具体的にどういった手口でアカウントの情報を入手して利用したのかはわかりませんが、こういった被害は十分に考えられるので悪用されないように対策は必要になります。

Uber

ログイン画面はこのようになり、UberのアカウントなのかFacebookやGoogleのアカウントでの利用かもわからず、そちらのアカウントに不正ログインされてから連携しているサイトを調べて利用された可能性もあり、どういった方法で不正利用したかは現時点では不明で悪用できるアカウントはすべて金銭被害にあう可能性があると考えて対策が必要です。

また、今回はチップでの被害ですが、以前聞いた話(確実に正しいとはいえませんが)では、行き先を変えた場合は料金を運転手と利用者の交渉で決めることになると聞いたことがあります。その場合はチップ以外の運賃での高額請求ということも考えられるのでもっと大きな額での被害を請求されるかもしれないと知っておいた方がいいですね。

こちらのブログではUberにメールアドレスとパスワードで登録し使い回していて何度もログインされそうになったという人もいますね。

Uberのアカウントが乗っ取られた!? 対処方法は? サポートの対応は?
https://kengyo-syufu.com/2018/09/uber-account-cracked/

« クレジットマスターでの被害? | トップページ | キャッシュレス社会の課題 »

情報セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クレジットマスターでの被害? | トップページ | キャッシュレス社会の課題 »