« Uberの不正ログイン | トップページ | PayPayでクレジットカードの不正利用 »

2018年12月 5日 (水)

キャッシュレス社会の課題

スウェーデン、5年以内に完全キャッシュレス社会へ=中銀副総裁 | ロイター
https://jp.reuters.com/article/sweden-cashless-idJPKBN1O32XC

スウェーデンでは現金をほとんど使わない社会に移行しそうですが、スウェーデン人の漫画家による内容では現金での取引を拒否できたりするそうで、カードでのやりとりが中心のようです。

北欧女子オーサのマンガ『ニッポン発見紀行』 「キャッシュレス社会」 | THE VOLVO LIFE JOURNAL
http://v-for-life.jp/asa/25/

ネットバンキングもスマホアプリでやりとりするそうですが、トラブルが起きると店舗まで行かないと解除できないとか。

こういったようにトラブルが起こり店舗まで出向かないといけないときはどうするのかといった課題がありそうです。また、操作ミス以外にもOSのアップデートなどでアプリのトラブルが起こることも考えられるので、そういったときにどうするのかといった問題点もありそうです。

また、スマホでおサイフケータイなどを利用していたときに情報が残ったまま中古に出回るリスクというのもあり、特にAndroidではキャリアなら店で情報を完全に消去できますがSIMフリー端末の場合はユーザーが完全消去できずスマホのメーカーに送って削除してもらうことになります。(残っているデータとそのデータで何ができるかまではわからないですが…)

SIMフリースマホのおサイフケータイ、いざというときのリセット方法を調べてみた - ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/minna/1075628.html

iPhone、iPad、iPod touch を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと - Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT201351

他にもよくいわれている点として、災害や事故などで停電や回線が使えなくなった場合など以外にも、過去にはマルウェアで電子マネー決済が停止したこともあります。そのためサイバー攻撃にもある程度弱いと考えておいた方がいいと思います。

マクドナルド店舗の端末がマルウェア感染、電子マネー決済に障害 4日経っても復旧できず - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/20/news094.html

こういったことから、キャッシュレスでも支払い方法はクレジットカードと電子マネーなど複数の方式を持っていないとトラブルの時に弱いという問題点がありますし、そうなると低所得者や未成年などにどうするのかといった課題も出てきますね。

また、中小零細企業の経営者の視点から考えると、端末と手数料などを割り引くという方針でもいいですが、それ以外の視点としてサービスごとに違ういつ振り込まれるかとの時間の観点も重要です。また、現金に比べるとこれだとメリットが少ないと考えられるために現金だと自分でつけている帳簿が自動的に仕分けされるなどの多少の手数料でメリットがあると思わせる広報をしないと普及しないんじゃないかと個人的には思っています。

12/12 追記

PayPayを利用しようとしたところクレジットカード会社側で不正利用と判断されて利用できなかったとのツイートがありました。間違いだったので連絡するとすぐ解除できたと思われますが、本当に不正利用だった場合はクレジットカード支払いにしていたPayPayも同時に再発行までの10日前後は利用できなくなったと思われるため、こういった利用による落とし穴といったこともありそうですね。

« Uberの不正ログイン | トップページ | PayPayでクレジットカードの不正利用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Uberの不正ログイン | トップページ | PayPayでクレジットカードの不正利用 »