« 統合失調症と不正ログイン | トップページ | 岐阜の中華Proxy候補 »

2017年6月11日 (日)

台湾からGoogleとMicrosoftアカウントへの不正ログインが多発

Taiwan_201706

9日頃から台湾からの不正ログインの通知メールが届いたなどの投稿が増えています。

大半がGoogleですがMicrosoftアカウントもあり、リスト型攻撃が行われていると考えられます。

118.160.17.35 118-160-17-35.dynamic-ip.hinet.net

中華Proxyの可能性が高そうです。どこかから新しいリストを入手した可能性があるのでパスワードの使い回しをしている人は要注意で使い回さないようにしておかないと被害に遭う可能性があります。

この数日で不正ログインから実際に何かしらの被害にあったとの話は見つかりませんでしたが、過去のパターンからクレジットカードを登録している場合のアプリへの課金、登録していなくても第三者のカードを登録して課金に悪用されるパターンや、残っていたメールからどこのサービスを利用しているかを調べてそちらにさらに不正ログインしていくといったパターン、さらにフィッシングやウイルスの添付付きなどの迷惑メールに情報が使われるなどの攻撃が考えられるためにメール関係のログインは2段階認証も含めて厳重にすることも検討してみて下さい。

« 統合失調症と不正ログイン | トップページ | 岐阜の中華Proxy候補 »

情報セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 統合失調症と不正ログイン | トップページ | 岐阜の中華Proxy候補 »