« pixivの不正ログインが継続中? | トップページ | 中国のVPN制限の誤解と不正ログインの現状 »

2017年1月19日 (木)

台湾から規模の大きいリスト型攻撃があった模様

この24時間で主にGoogleのアカウントが台湾からログインされそうになったとのツイートが急激に増えています。

Google_taiwan

「google OR gmail 不正 台湾」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索

他にもFacebookでも台湾からという話も見つかりますので、今までより台湾から規模の大きなリスト型攻撃があったと考えられますね。

これと対照的に国内からの不正ログインとYahooへの不正ログインが数が減っていると思われるので、台湾の中華Proxyを利用した攻撃の可能性が高そうです。

これとは別に、前日はMicrosoftアカウントへロシアからやInstagramへウクライナからといったものも数は少ないものの特徴的にありました。今までの傾向からメールへのロシアからの不正ログインはゲーム関係のサイトから流失したリストを使ったゲームのアカウント狙いの攻撃が大半で、SteamやOriginといったサイトへメールから狙っている可能性があります。Instagramへはアカウント乗っ取り、アイコンやプロフィールの変更で他のサイトに誘導するスパムアカウントに変更してしまう攻撃の可能性が考えられます。

« pixivの不正ログインが継続中? | トップページ | 中国のVPN制限の誤解と不正ログインの現状 »

情報セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« pixivの不正ログインが継続中? | トップページ | 中国のVPN制限の誤解と不正ログインの現状 »